マッチブックで出会いのチャンスを広げよう

マッチブック

 

人と人との出会いなんて縁があれば大丈夫と思ってきました。縁さえあれば結婚だって難なくクリアできると本当に思っていました。しかし現実は、出会いがなければ縁なんてわかりません。友人を通しての出会いなんて限度があります。

 

これといった出会いがないまま、月日だけが過ぎていきます。婚活という言葉がだんだん現実味を帯びてきました。そう思っているのは、会社の同僚も同じでした。

 

同僚から出会いのチャンスをつかむために、マッチブックというアプリが活用できることを聞きました。マッチブックという聞いたことのないものにどう反応していいのかわかりませんでした。

 

同僚のスマホから、マッチブックを見せてもらいました。年齢・身長・年収などの条件をもとに相手を探していきます。マッチブック内は実名ではなくイニシャル表示でした。気になる人を見つけたら「いいね!」ボタンを押すと、相手からも「いいね!」が送られてくると見事マッチング成功です。ここからメッセージのやりとりが始まるわけです。

 

これでいい人が見つかるならいいけど、マッチブックに嘘のプロフィールで登録している人もいるのではないかとか、プライバシーの問題とか不安や疑問はたくさんあります。自分でもマッチブックについて詳しい内容を見ることにしました。

 

まず運営はリクルートグループがやっていることがわかりました。そしてなりすましを防ぐために、フェイスブックと公的書類が必要でした。かといってマッチブックを使っていてフェイスブックのウォールに投稿される心配はないようです。そしてフェイスブックの友達同士は表示されることもないようです。私の不安と疑問は解決することができました。

 

このアプリは女性の場合、完全無料なので出会いのチャンスを広げるためにも利用できるものは利用した方がいいと思いました。自分で行動を起こしていかないと何も始まりません。

 

今は同僚といい出会いが早く訪れることに期待しながら、マッチブックを利用しています。